ダン君のあとに・・・


意気揚々と引っ越していってしまった、もと隣の部屋のフラットメイトダン君。
<詳しくは → こちらをご参照くださいまし。>
ニューフラットメイトがやってきました!!

待望の女の子!!

ある意味、とっても素敵なハーレムだったが、ハーレムの住人達がクイーンのわたくしに
1ミリも、これっぽっちも興味がないんじゃー、そりゃ、あなた、しょーがないってものでして。

さて、彼女の名はジョー。
小さくて、キュートで、かわいい。
彼女の彼氏も、また、
小さくて、キュートで、かわいい。

そして、とーっても社交的!!素敵でしょ~?

が、

この人、なにがすごいって、その他のボーイズ達をかる~く凌いじゃうくらい、なにもかも、

やりっぱなし。

断言できますが、この家、週2回のクリーナーが入らなかったら、即日地獄におちます。
住人の半数は大変クリーンですが、(Mamaki。はこっちのチーム)
残り半数は、どーしよーもない人と、酔っ払うと全てがおしまいの人です。

ところで、このジョー、生きているだけでふつうに面白い。

ある日のこと:
Mamaki。がキッチンで晩御飯つくっていると、ジョー帰宅。
彼女も早速、晩御飯の準備をはじめました。

---以下、ジョーのばんごはんづくりライブ---

ふんふんふ~ん、と、お鍋にお湯を沸かして、
その間に、お野菜をとんとんとーん、とカット。

あ、お湯が沸いたわ!
パスタ茹でなきゃね。
びりりっと袋を開封。
パスタをむんずっと一束つかんでお鍋に投入。
今日のパスタは、ニッポンでもなじみの深い、あの、ふつーの長い麺。

・・・ちょっとお鍋小さかったかしら(それは、およそ、ゆでたまご3つくらい茹でる用の鍋)
パスタ20cmくらいはみだしてるわ。。。

じ~・・・(と、鍋を見つめるジョー)

がしっ。(鍋のふたをつかむジョー)

ぎゅっ。(おもむろに、鍋にふたをするジョー)


・・・・・・・・・・・・・・・・・。

--------------------

20cmはみでてるけど?

さすがに、見てられねえ、と思ったMamaki。は。
「パスタ、はみでてるけど?いーの?(よくないよね?)」
と、声をかけてみた。

「・・・うん。」
(お野菜をカットし続けるジョー)

って、それだけ?

そもそも、パスタゆでるって分かってたのに、その鍋のチョイスはなぜなの?

「でもでも、それじゃー、半分やわらかくて、半分カリカリ(もしくはぼんやりやわらかく、ぼんやり硬い)のパスタになると思うけど、いーの?」

「・・・うん。だって、どうしたらいいかわかんないし。」

・・・は~~~~?

そこで、立ち上がったMamaki。
鍋のふたを取り、むりやりパスタを押し込む。そして、なんとか完了。

ジョー、感激。

「そんなことできるのね~。すごーい。ありがと~。」

そりゃ、できるだろーよ。

そもそも、あなた、生まれてこの方、26年間生きてて、
パスタ食べたことないの?茹でるの見たことないの?
ねえ?どうなの?

と、いう気持ちに駆られたが、ぐっと自分を抑える典型的ニッポン人Mamaki。
沈黙は美徳である。

ま、今回の 'ジョーばんごはんづくりライブ' を生で見られたおかげで、先日、ジョーがダイニングで食べていた、不思議な、せんべいのような、野菜のような、それでいて、やっぱり、せんべいのような、薄黒く茶色くぱりぱりに乾いた、かりっとしたあの物体のわけが分かりました。

ちなみに、ジョーに「それ、なーに?」と尋ねたところ、
キュートなジョーはちょっとはにかみながら、

「ラザニア」

と答えたのでした。
by mamakilala | 2005-12-21 05:37 | Archive - Oct 2011