ロンドンで胃薬

このところ、少々疲れ気味。

マグちゃんが去り、さらに、続けて2人去り、
まさに、全員ルーキー状態のクリニックはややストレスフルです。

プライベートのポッシュなお医者が聞いてあきれちゃうって状態で、
なにせ、みんなわかっていないなかで働いているので、まさに孤立無援ってかんじなの。
一日の終わりに近づくにつれ、「わたしここでなにやってるんだっけ?」と、
ややむなしくなってしまったり。

と、
おお、なんか、体の調子が・・・

Mamaki。の弱点であり、よい点でもあるのですが、
つかれたり、ストレスがたまりはじめると、すぐに体がシグナルをくれます。

なので、大変なことになるまえに、手を打てるってわけです。
逆にいうと、ストレスにやられやすいってことなんだけど。

今回は、なんか、胃の消化がすぐれなくなったのがはじまりでした。

そして、ついに、以前なーながロンドンに来たときに胃痛を起こし、
Hampsteadのブーツ(という薬屋)で相談の上お勧めされた、
秘密の薬の出番が!!!

それが、これ↓
a0067697_691987.jpg

イギリスではメジャーな胃のお薬 Gaviscon。

これねえ、ドローっとした液状のおくすりで、スプーンで飲むんだけどねえ、
なーなが、あまりの胃の疲れと苦しみに、このお薬飲んだとき、
「ぐ・・・ぐほっ・・・」

涙目だった。

なーな曰く「この薬をまた飲まなきゃならないのか?と考えるだけで恐ろしくって、
体の自己防衛本能が高まり、たちまち胃痛が治った。」

ってくらい、まずかったらしい。

ちなみに、多分売り文句なんだろうけど、「アニスシードフレーバー」
つまり、「八角味」。
あの、中華料理とかに使う、八角、の味。うぇ。

ところが!
Mamaki。意外と平気でした。
毎日飲みたいとは思いませんが、別に許容範囲。

なーなに話すと「ええ~~~~!」とややショックそう。
このお薬の話しただけで、鮮明にまずさが思い出されるらしい。

とはいえ、「キャベジン」とか、ふつうにあるのなら、そのほうがいいねえ。
[PR]
by mamakilala | 2006-09-07 06:16 | Archive - Oct 2011


ロンドン南東郊外の3人暮らし


by mamakilala

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

たべもの
かぞく
おうち
しごと
かんがえる
Archive - Oct 2011

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2013年 12月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧