食卓と家族

a0067697_21245697.jpg


一皿料理大好き。
ディチェコの細いスパゲティ麺が手に入ったので
お昼ご飯にクリームスパゲティつくりました。

日本で暮らしていた時も、よく一皿でおさまる食事を作ったものだけれど、
イギリスで学生さんだったときは殆ど毎日一皿料理だった。

パスタとか、うどん・そば、お肉のグリルとお野菜で一皿、照り焼きポークとご飯とお野菜。
なにがなんでも一皿に盛る、のが基本です。

大事なのは食材をたくさん使うこと。
一皿に最低でも5-6種は盛り込みます。
理想は10種以上。この場合、薬味につかったショウガやらにんにくも含めるの。
使用する鍋とかフライパンもなるだけひとつ。
洗い物少なくなるから。

思いがけずまた学生さんになったけど、(パート学生ですが)
うちの一皿料理率は極めて低い。

以前学生さんだった時みたいに、
おうちを色んな人々とシェアしているわけじゃないので、キッチンが広々使える。
ので、あえて、料理時間の短縮や洗い物の軽減にフォーカスを充てる必要がないのが理由の一つ。

もうひとつの理由は一緒に食べる人がいること。
うちの日本の実家は一人分ずつ盛り付ける派ではなく、
大皿をみんなで取り分ける派でした。
で、自分以外に食事を共にする人がいる場合、
どうしても大皿をテーブルに並べたい。
一皿料理の出る幕がない。

食べ物がたっぷり載ったテーブルは見るだけで豊かであたたかい。
一皿でも大皿でも、たっぷりおいしそうな食べ物が並んでいればそれでいいのかな。

ところで、
学生になるたびに思う、「会社勤めのほうがずっと楽」っていうのは、
社会人学生にとって共通の気持ちなのでしょうか。
[PR]
by Mamakilala | 2011-11-04 21:43 | たべもの


ロンドン南東郊外の3人暮らし


by mamakilala

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

たべもの
かぞく
おうち
しごと
かんがえる
Archive - Oct 2011

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2013年 12月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧